スカーゲン腕時計の歴史

スカーゲン腕時計の歴史

腕時計のブランドにスカーゲンと呼ばれるものがあります。
このブランドはヘンリック・ヨストとシャーロット・ヨストの夫妻によってデンマークにて1989年に設立したスイス時計の米国代理店をベースに、1991年にオリジナルブランドとして設立されました。
歴史的に見ても新しいブランドと言えますが、同社は非常に面白いコンセプトを持っています。
通常の腕時計はデザインが美しければ美しいほど、また品質が高ければ高いほど高価となります。

しかしスカーゲンの腕時計ではそれは当てはまりません。デザインの美しさや高品質であっても必ず高価である必要ではないという信念のもとに作られています。
特徴としては、シンプルで洗練されたデザインを基本としているものです。デンマークの風景から得たインスピレーションを元にした色やテクスチャやスリムさといった特有のミニマムさがあります。
さて、そんなスカーゲンの腕時計の魅力はこれらだけではありません。
様々なバリエーションが有ることで知られていて、7つのシリーズがあることが知られています。

ただのレディースやメンズだけではなく、ハイエンドモデルやスポーツモデル、さrにはスワロフスキーなどを用いたものもあります。
そのためスカーゲンは腕時計のブランドとしての歴史は浅い分、急速に発達しているブランドとも言えます。特に、様々なデザインは非常に魅力的です。
今後も様々なシリーズを発表されることが期待されていますので、一度興味をもった方は店頭に足を運んでみてはいかがでしょうか。

新着情報