シチズンオートの歴史

シチズンオートの歴史

では、歴史の古いセイコーの腕時計をご紹介していこうと思います。

セイコー オートマチックという時計があります。

ROLEXは1931年にすべての循環するタイプの自動巻きの特許を得ますが、この時計は、その後に遅れて24年間ついに生まれました。

エンジニアの熱中は、さらに感じられます。
この時計は作られますが、複雑なボリュームラベル(指標)メカニズムを運んだこと、それ自体自動巻き、それがそれらの日の技術で困難だったと想像することができます。

それは、さらに実行された高価格(14,000円)を備えた市場にそれらの日の共通の腕時計の3倍くらい出ました。
当時の目的よりは販売の数というのは、それはわずかであるようです。
さらに、市民は市場に出て自動巻腕時計「シチズンオート」を置きました。
1958(昭和33)年間の3年の遅れて発売していて、シチズンオートは商品説明を実行しています。

持続時間も35〜36時間であり、また、上りの時間にそれがそうである特色があるので、非常に迅速であり、sexagenaryサイクル(sexagenaryサイクル: ダイヤル)にボリュームラベルを付けることは必要ではありませんといった説明がなされています。

昭和30年年代を代表する時計のようです。

新着情報