主流モデル「クロノグラフ」の誕生

主流モデル「クロノグラフ」の誕生

腕時計で最も主流なモデルと言えば、それはクロノグラフの時計ではないでしょうか?

ストップウォッチの機能が時計の機能に加えて付けた時計は、クロノグラフと呼ばれます。
それは始めは国内のクロノグラフ腕時計が使用したワンプッシュクロノと呼ばれる積算計のないモデル、東京オリンピック・ホールディングの年(昭和39)の間のセイコーからの基礎としての手巻き腕時計の「クラウン」、また改良が市場に出ると付け加えました。

それから月日は流れ、遅れる事3年。
ストップウォッチ機能が追加された「ホーマーデート」、また「レコード・マスター」は市場に出ました。

さらに測定での復針ボタンを押す場合、セイコーのワンプッシュクロノのように積算計がありませんが、復針ボタンが放される場合、秒針を返すことができるかもしれません。

新しく測定を始めることができるフライバック機能が備わるのが特徴でしょう。
また、そのために、測定は何回も繰り返し可能になりました。
実は60秒ずつ測定だけを行なうことができますが、単純性は大きいです。
レコード・マスターの販売は国内のクロノグラフの自動巻きの時計は、それ以来ほとんどなかったように見えます。
また、多重機能化は、速く進歩する競争環境に適しました。

このように独自に進化を遂げていったようです。

新着情報